ただ物件を売れば良いと思っている不動産営業マンはクソな件

昨日、弊社のお客様からご相談がございました。

詳しい内容は伏せますが、ご自身がご購入された物件が再建築不可物件なのかそうじゃないのか分からないとの相談でした。

私「ええと、でもそれは購入する時に説明等、仲介業者から無かったですか、重説で必ずあると思いますが」

お客様「いやーー無かったですね。どうですかね?」

私はその物件の立地やエリアを分かっているので、もしかしたらそうかもしれないけど、そうじゃないかもしれない、今はちょっと分からないので明日お調べしてお教えしますと回答しました。

そして丁度本日、調べているとお客様からお電話が有りました。

お客様「昨日の件なのですが」

私「今ですね丁度お調べしていました。ちょっとコレはですね。2項道路ですね。4メートル未満の道路で尚且つ私道になっていますね」

お客様「そうですか・・・・それで重要事項説明書なんですが何処に道路というかそういう事は書いて有りますか?」

私「それは、ちょっと会社や業者によって多少違いますが、ほぼ一緒ですからちょっとウチのを見ながらお伝えしますね」

そしてお教えすると

お客様「あ・・・ありました。現状再建築不可って書いて有ります」

私「そうですか・・・コレちゃんと説明されましたか?」

お客様「いや・・・・えっと読んでおいてくださいって感じで・・説明は無かったです」

私「え・・・・・マジですか?うーーーーん・・・かなり重要な事ですが・・・」

確かにコチラの物件のご相談を以前受けた時に(賃貸の客付け相談)、再建築不可という条件は付いて無かったので、私の勝手な解釈でエリア的に何か行政の方が緩和しているエリアなのかなと思っていました。それに新築やリフォームを明らかにしている家が結構あるので、そうなんだと思っていました。

それに賃貸の客付けのご相談でしたので、賃貸物件に再建築不可とかそういった条件はほぼ関係ないので、特に何も言いませんでした。

売買には凄く重要な接面に関する説明をしっかりしないと言うのは凄いなと本当に驚きました。

一通り電話でお客様とお話しして電話を切ってそれを私が嘆いていたら弊社の従業員の衝撃的な言葉がw

弊社従業員「あの・・・あれですよ社長は違うけどわたし、前に家を買ったときに重説とか全然説明されなかったですよ?」

私「嘘でしょ??マジ?」

弊社従業員「マジwあ、すみません。本当です。だから社長が重説とか凄い時間掛けたりしてるのを見て、本当はこうやってやるんだーーって思いましたからwちょっとながいなーーって思いましたからw」

私「え・・だってっていうか・・・あのそういう法令だからw説明しないとそもそも行けないし、賃貸でも売買でもそこに人が住む以上は大切な事でしょ、重要な事なんだから」←少しキレ気味

弊社従業員「いやいやちょっと私に怒ってもしょうがないですよwだから他社さんみんなとは言わないですけどそんなもんなんじゃないんですかね?」

私「うんーーーまぁそうだねそういう事だね。」

こんな会話をしました。

大切でとても重要な事をしっかり伝えないで、ただ売れば良いと言う姿勢は本当にクソとかしか言いようが有りません。

もし宅地建物取引士がしっかり重要事項説明をしない場合は重大な宅建業法違反です。

お家や投資物件を買う時にそういった説明がしっかり無い場合は「ちゃんと説明してください」って事と「あなたの宅地建物取引士証を見せて」と言ってください。

業者間取引では長い説明は省かれますが、一般消費者様にはしっかり説明しないといけません。

意外と一般の方はそういった事は知らないですからね。

一先ず何だか憤りを感じたので書きました。

PAGE TOP