川崎麻生区の原則再建築不可のボロ物件ご案内と調査

本日午後は、川崎市麻生区の原則再建築不可のボロ物件にお客様をご案内致しました。そして及び調査も行いました。

川崎と言っても広くてですね。麻生区はののんびりした雰囲気の街ですね。

弊社のお客様も多く居住されているエリアですので、たまに行くことが有りますので、そんな雰囲気を感じます。

今回、お客様のご希望でご案内しましたのは、原則再建築不可ですが、建築基準法第43条但し書きの認定及び許可を建築審査会から得られれば再建築が可能な物件でした。

こういった但し書き道路というのは場合によっては上手に売却出来れば収益を上げることが出来ます。

しかし全ての但し書き道路が許可や認定がされる訳ではありません。

但し書き道路が通っているからと言って、再建築が可能になるわけではありません。

あくまでも建築審査会の許可が必要です。

今回の物件は、建物の傾きがかなり有り、是正するのが困難な物件でした(是正出来ない訳じゃないですが多額の費用が掛かります)

このような物件でも購入のご検討をして頂けるお客様が弊社にはおります。

是非、但し書き道路に接している物件や、傾きが有る物件の売却でお困りのお客様は是非お気軽に査定依頼をお願い致します。当然ですが、査定は無料です。

売主様のエージェントとして全力で販売致しますし、最適なご提案を致します。

ご依頼お待ちしております。

戸建とアパートが合体している非常に面白い物件です。

PAGE TOP