空家を所有のお客様からの不用品処分のご依頼。

早いもので、今日から11月ですね。当たり前ですけど・・・今年もあと、2カ月と言う事ですね。今年はコロナですね・・・全てコロナと言う言葉で終わるような年ですね。

弊社は、お陰様で、コロナ渦の影響もほぼ受けず(一部3月頃に住宅設備の大幅な遅れが有りました)むしろ全体的に前年より収益は上がって好調と言える状況です。

コレもお客様のお陰です、本当にありがとうございます。

しかし、業界的に見れば、やはり住宅業界や不動産業界は不振だと思います。他社様とお話しをしても、いい話は余り聞きません。弊社協力会社からも、年末に近づくに連れて「社長お仕事ないでしょうか?」とご連絡を頂くことが多くなりました。

一体いつまで、この状況は続くのでしょうか・・・大変不安では有ります。ですがココで歩みを止める訳には行きません。更に増収増益を来期もする為に、更に攻めて行きます。

ピンチはチャンス!!

おっと・・・なんか既に今年を振り返るような話になってしまいましたね(笑)まだ二ヶ月有りますね。

記事のタイトルの空家を所有のお客様から不用品処分のご依頼を頂きました。

もうかなり数年空家のお家になります。お客様自身で普段は管理をされていて空気の入れ替え等行っているのですが、不用品処分のご依頼を頂きました。

空家なら売却すれば良いじゃないか?

そう思うかもしれませんが、空家を所有されている方は何らかのご事情が有る方が多数です。

・親族(所有者)が長期入院中で本人では無い為、売却するにも売却出来ない

・地方に住んでいて空家を売却しようにもどうして良いのか分からない

・大切な家族の思い出が有って売るになかなか踏ん切りが付かない

・相続で揉めている

・空家を所有したまま賃貸物件にしたいけど具体的にどうして良いのか分からず手つかずになっている

・空家を売却しようと思ったら、そもそも違法建築物で中々売れない

このようなケースが有ります。

大丈夫です。無理に売る必要は有りません。物事にはタイミングが有ります。

そのタイミングが熟したら売却または転用を行えば良いです。

しかし、以下の場合は早期に対応が必要です。

・コロナ渦で仕事が不安定になり今後が不安な方

・仕事は安定しているけど今後の将来の見通しが不安な方

・今、何らかの理由で現金を必要とされている方(住宅ローンの支払い等で)

売却や賃貸物件への転用で、ご親族様が残してくれた空家を有効活用しましょう。

勿論、不用品処分だけ、管理をして欲しい、雑草を取って欲しい、ちょっと相談だけ聞いて欲しい等、でも全く構いません。

お気軽にご相談くださいませ。

PAGE TOP