DIYを楽しんで行うのはOKだけど事業用で行うのはNGだと思う

コロナ渦でお家時間が増える中、DIYを励んでいる方が多いみたいですね。ホームセンターに行けば沢山のDIYに使える部材や材料が沢山売っています。

楽しんで趣味の範囲で棚を作ったり、ガーデニングの柵を作ったり、ちょっと塗装をしてみたり、凄く良いと思います。

私たちはリフォーム業を行っているので、お客様で詳しい方とお話しするのは楽しいです。

ですが、たまに凄いやり方をしていて、どうにもならない感じになり、リフォームする時に、余計なお金が掛かってしまう事や、趣味で自宅をするのはまだ良いですが、不動産投資物件に対して過剰なリフォームをDITで行うのは危険だと思う事が有ります。

事業用の場合、人にお家を貸すわけですので、言い方は悪いですが素人の方が工事をした家を普通の人は借りたいと思いますでしょうか?

・工事保険に入っていますか?

・ちゃんとした処理を行って工事を行っていますか?

・大事な所をお金が掛かるからと言って手を抜いていませんか?

・ちゃんと資格を持っていますか?

YouTube等でそういった事を配信している方が多くいますが、怖い事だなとたまに思います。

実際に、お客様がDIYで仕上げたお家の管理をしていて、ちゃんとした工程で工事をしていなかったらしく、色々壊れてしまい、物凄いクレームになった事が有ります。

弊社が行っている譲渡型賃貸住宅借りているのに買える家カリカエル(特許出願中)の物件では、DIYでのリフォームをしている物件の審査を不合格にする事にしています。

基準は物件毎に違うので、物件をしっかり見ての判断になりますが、永く住んで頂く前提のお家なので、しっかりとプロの技術で仕上げたお家に住んで頂きたいからです。

安さ<安全

こういう事です。安さより安全です。

利回り<安心

利回りより安心です。

今日はそんな事を書いてみました。いつも読んでくださってありがとうございます。

PAGE TOP